売上・集客率アップ・開業支援!飲食店コンサルタント比較ランキング
売れない飲食店撲滅委員会 コンサルタント比較ランキング

サイトマップ

カフェ・バー

ここでは、カフェ・バーの開業、経営成功を導くための考え方や店舗に関する知識、資金の目安、実際の事例などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

カフェ・バー、開業から経営成功までのポイントはいかに?

結論から先に申しあげてしまいますと、カフェ・バーという業態を経営し成功させるための最大のポイントは、大手FCチェーン店との差別化をいかに図るか、そのお店ならではの付加価値をいかに提供するかという点に尽きます。

また、この業態ならではの特色として、純粋にコーヒーやお酒を楽しむ利用動機と、おしゃべりやリラックスの場をしての利用動機があり、どちらを店のメインコンセプトとするのかによって方向性が決まってきます。

例えばこんなケースもあります。東京のとあるビジネス街では、「喫煙者専用」と銘打った喫茶店が成功を収めているとのこと。年々肩身の狭くなる喫煙者をピンポイントでターゲットとするという、ある意味時代とは逆行する戦略が、一種のニッチ商売として成立しているのですね。

あくまで極端な例ですが、経営者視点で見た場合、差別化の成功事例として、大いにヒントにしたいところです。

カフェ&バー 成功事例もうひとつ、気になる必要な資金に関しては、他の飲食業態よりは比較的安価と言えます。居酒屋や焼肉店などの場合、30坪45席程度で800万円~というのが目安ですが、カフェ・バーの場合は厨房設備を大幅に省略できるため、その分をローコスト化できるといった具合です。

ただし、食事系メニューの充実を図るといった場合には、当然ながら話は変わってきます。こうした点も、店のコンセプトによって大きく左右されるのをしっかりと踏まえておいてください。では、成功事例を見ていきましょう。

繁盛例1:サイフォンコーヒーと水出しコーヒーを看板メニューに(山梨)

「およそ16年間、ホテルなどでのホールスタッフとしての経験を元に、故郷でカフェを経営したいと考えました。

大手FCチェーン店との差別化を考えた結果、大手チェーンのようなコーヒーマシーンは使わず、ホットコーヒーはサイフォンで淹れ、アイスコーヒーは水出しという、目玉メニューを考案しました。

この差別化が吉と出て、開店1週間でリピーターとなってくださる方々も。今後は、夜のアルコールメニューも充実させていく予定です」

繁盛例2:手作りのこだわりを守りながら、時代のニーズを的確に汲む(東京)

「開業以来30年、地域の皆様に愛されてきた当店。前オーナーが健康上の理由で引退し、2代目として引き継ぐことになりました。

全て『手作り・自家製』にこだわり、ケーキ類はすべて自前の工場で制作しています。それ故に、流行やニーズの変化にも柔軟・迅速に対応できるのが強みです。

例えば、マンゴーのタルトは世間的なブームは過ぎましたが、当店では今なお常連のお客様の人気メニューとなっています。

もちろん手だてのネルドリップコーヒーも、長年愛し続けてくださるお客様に支えられています」

【飲食店の経営成功の法則】
売れない飲食店撲滅委員会HOME「飲食店経営を支援するコンサルタント厳選比較」
これから飲食店を開業したい人はこちら「オープン成功の法則」
飲食店の再生・立て直しをしたい人はこちら「リニューアル成功の法則」
※「売れない飲食店撲滅委員会 コンサルタント比較ランキング」について
当サイトは、個人が趣味で運営しているサイトです。
最新情報・詳細情報を知りたい方は、必ず各社にお問い合わせください。
【飲食店の経営成功の法則】